ビタミンK

【ビタミンKとは・・・】

ビタミンKは1930年ごろ、血液が正常に凝固するために不可欠な物質として発見されました。近年では、骨の健康に関わりの深いビタミンとしても注目されています。体内では主に血液の凝固、骨の形成を助ける働きがあります。

<1日の摂取量の目安> 【成人男性】75μg/日 【成人女性】60~65μg/日

不足すると

血液を凝固させる物質であるプロトロンビンが減少して出血しやすくなり、止血しにくくなります。
また、骨に充分なカルシウムが取り込まれず骨がもろくなります。
生まれてすぐの新生児は腸内細菌による合成が不十分のため不足しやすく、欠乏によって出血しやすくなり出血症を起こすことがあります。
出血が頭蓋内に起こると嘔吐やひきつけ、痙攣をおこし生命に関わることもあります。

摂りすぎると

一度に大量に摂りすぎると、皮膚の病変、呼吸困難、血圧の低下、赤血球が壊れる溶血性貧血を起こすことがあります。
血栓症の人や抗凝固薬(特にワーファリン)を服用している人は薬効を妨げないように摂取を控えるように指示されます。

ビタミンKを多く含む食品

納豆

納豆

抹茶

抹茶

〈その他のビタミンKを多く含む食品〉

葉野菜や納豆などに多く含まれます。
・納豆 1p(50g)ビタミンK 300μg
・あしたば 1/4束(55g)ビタミンK 275μg
・小松菜 1/4束(80g)ビタミンK 168μg
・豆苗 1/2パック(50g)ビタミンK 160μg
・鶏もも肉 1/2枚(120g)ビタミンK 64μg
・抹茶 小さじ1(2g)ビタミンK 58μg

レシピトップ

かんたんレシピ

[レシピ監修]セフティライフ

納豆巾着焼き

エネルギー 174kcal/塩分 0.5g/ビタミンK 317μg(1人分)

<食材> 2人分

納豆 2パック/付属のたれ 2p/油揚げ 2枚/キムチ 20g/ごま油 小さじ1/2/絹さや(飾り)

<作り方>

1. 油揚げは熱湯をかけ油抜し、半分に切り開く。
2. 納豆と、刻んだキムチ、ごま油をよく混ぜ合わせる。
3. 開いたあげに2を詰め、爪楊枝でとじる。
4. トースターでこんがり色づくまで焼く。(フライパンでも)

納豆巾着焼き写真

ひと手間レシピ

グリーンティーチーズバー

エネルギー 239kcal/塩分 0.3g/ビタミンK 49μg(1/8カット分)

<食材> パウンドケーキ型1台分

[タルト生地:(合わせてふるいにかける:薄力粉 50g/グラニュー糖 大さじ1)/塩 少々/無塩バター(1cm角) 25g/牛乳 大さじ1]/クリームチーズ(常温に置く)120g/グラニュー糖 50g/はちみつ 小さじ2/カッテージチーズ 80g/卵 1個/生クリーム 1/2p/抹茶 大さじ2/コーンスターチ 大さじ2/(飾り用:ホイップ/抹茶)

<作り方>

【タルト生地】
1. ふるいにかけた小麦粉とグラニュー糖に冷えたバターを加えフォークなどで大豆粒の大きさにする。
2. 手でバターと粉をすり混ぜ粉チーズ状にする。牛乳を加え、ひとまとめにし、1時間以上冷蔵庫に入れておく。
3. 2をめん棒で方の大きさに合わせて伸ばしオーブンシートをしいた型に敷き詰める。フォークで穴をあけ焼き縮みを押さえるため冷蔵庫で冷やす。
4. 170度に温めたオーブンで15分焼く。

【フィーリング】
1. クリームチーズをボウルに入れて混ぜ、グラニュー糖・はちみつ順に加えて混ぜ合わせる。
2. 1にカッテージチーズをなめらかになるまですり混ぜ卵を少しずつ加えて混ぜ、さらに生クリームを加えて混ぜ合わせる。
3. 抹茶とコーンスターチを滑らかになるまで混ぜ合わせる。

【仕上げ】
フィーリングを焼きあがったタルト生地に流しいれ予熱したオーブン160度で35分程度焼く。
そのまま粗熱がとれるまでオーブンの中で放置し、その後冷蔵庫で冷やす。
ホイップクリームを添え、上から抹茶を振りかける。

グリーンティーチーズバー

レシピボトム

栄養素からさがす

エネルギー | たんぱく質 | 脂質 | 炭水化物 | ナトリウム | カリウム | カルシウム | マグネシウム | リン | | 亜鉛 | | マンガン | ビタミンA | ビタミンD | ビタミンE | ビタミンK | ビタミンB1 | ビタミンB2 | ナイアシン | ビタミンB6 | ビタミンB12 | 葉酸 | パントテン酸 | ビタミンC

トップへ戻る