「ジャムとコンフィチュールの違い」ってご存知ですか?

コンフィチュールとは、フランス語の直訳で「果物の砂糖煮」

その中には、「セミコンフィ」「コンポート」「ジュレ」が含まれます。
最近では、ジャムをコンフィチュールと同様に扱っていることもありますが、
果物の種類や煮方、砂糖の分量などで、細かくわけられるようです。
これらの基準は、「CODEX(国際食品規格)」などで、区分されているようです。

また、このコンフィチュールの歴史は、砂糖の歴史から考えると、古くアレキサンダー
大王がインドの遠征より砂糖を持ち帰ったとされた13C頃にはじまり、書物では
「コンフィチュール」として、14Cのタイユヴァンのフランス料理書の中で、歓迎の宴で
用いられたとの内容にさかのぼることが出来ます。砂糖の他に蜂蜜でつけていた
説もあります。

苺の時期も、そろそろ終わりです。最後の苺は、メープルシロップと苺でこんな
可愛い、シロップ漬はいかがでしょうか。
アイスに添えても、ジュースにしてもおいしい1品です。

苺のメープルシロップ漬

【材料】

イチゴ・・・・・・・1パック
レモン・・・・・・・1個
メープルシロップ・・300cc
シナモンスティック・1本

【作り方】

①苺を丁寧に洗ってへたをとります。

②苺に沸騰したお湯をかけて10秒。

➂なべに白ワインとレモンを加え、2の苺を並べ沸騰寸前で火を止める。

④メープルシロップを加え沸騰寸前でまた火をとめる。

⑤4を何回か繰り返しながらちょうど良い硬さになったらシナモンを入れ、
    瓶に詰める。

⑥冷めたら、ミントを添えて出来上がり♪