健康や美容に良い食材ってたくさんありますよね。
ナッツやアセロラ、アサイーなどが流行っていました。
食材から摂りにくいコラーゲンやヒアルロン酸などは
美容ドリンクを購入して飲んでいる人もいるかと思います。

 

ダイエットもそう。
1食置き換えダイエットやバナナ・りんごなどの単品ダイエットなど
短期的には結果が出て少し続けてみても挫折した経験・・・ありませんか?

 

 

わたしたちが欲しいのは
「目先」の健康・美容ではなく
「一生モノ」の健康・美容。

 

 大切なのは「継続すること」だと思うのです。
続けることがストレスに感じるようではだめ。
続けるのが困難な方法ではだめ。
続けられないような高価な食材(方法)ではだめ。

 

 わたしたち日本人の主食である「ごはん」はあらゆる場面、あらゆる人・モノ・食材
合うのです。

 

ごはんと合うもの

 

 

春夏秋冬、1年を通じて美味しく食べられますし、
子供や高齢者まで、家族みんなで同じごはんで食卓を囲むこともできます。

 
海産物にも、山や畑で育った恵みにも・・・旬の食材と合います。
また、最近は和食だけでなく、中華料理や韓国料理、フレンチやイタリアンなど
様々なジャンルの食事を口にする機会が増えましたが、それらにもごはんは合う
のです。

 

だから無理なく、ストレスなく毎日続けることができる。
ただ、「玄米」からミネラルやビタミン、食物繊維を取ってしまった
「白米」では十分な栄養を摂ることができません。

 
そこで、そこに「雑穀」をプラスするのをお勧めするのです。

 
雑穀ごはんにすると、
「健康になりたい」「もっとキレイになりたい」「スタミナをつけたい」「脳の働きを
高めたい」
・・・
そんな「目的」も叶えてくれます。

 
雑穀にはそれぞれに個性があり、その時の自分の体調や求める効果に応じて
セレクトすることができます。

 
あなたも、雑穀ごはんを食べることで、無理なく「理想」に近づいていきましょう。

 
さて、今回ご紹介するレシピはこれから暑い夏を乗り切るためのスタミナたっぷりの
カレーレシピです。
旬の夏野菜をふんだんに使いました。
一見すると「ひき肉」カレーなのですが、これはひき肉ではなく以前紹介した「アノ」
雑穀です。

 

 

【夏野菜の雑穀カレー】

 夏野菜の雑穀カレー1 (セフティ

 
≪材料 4合分≫
(A)
高きび・・・80g
水・・・1カップ

 

茄子・・・1本
トマト・・・1個
かぼちゃ・・・150g
玉ねぎ・・・150g

 

(B)
オリーブ油・・・大さじ1
にんにく・しょうが・・・1かけ

 

だし汁・・・300g
カレー粉・・・小さじ2
醤油・・・大さじ1・1/2
塩・・・小さじ1/2

 

 

雑穀ごはん・・・4杯

(飾り)プチトマト

 

≪下準備≫
(A)の高きびはさっと洗って分量の水に30分~1時間浸水させる。
鍋に蓋をして弱火~中火で15~20分位炊き上げる。

 

 

≪作り方≫
(1)茄子、トマト、かぼちゃ、玉ねぎは全て1cm角に切る。にんにく・しょうがは
  すりおろす。

(2)鍋に(B)を入れて良い香りがするまで弱火にし、ふつふつとしてきたら
  玉ねぎを加えて甘みが出るまでじっくり炒める。

(3)茄子、かぼちゃ、トマトの順に加えてしんなりしたら、茹でた高きびと
  カレー粉を入れて全体にカレー粉がいき渡るように炒める。

(4)だし汁を加えて沸騰したら、弱火で10分位煮る。醤油、塩で味を調え、
  とろみがつくまで煮込む。

(5)雑穀ごはんの上に(4)のカレーをかける。プチトマトを飾る。

 

 
アノ食材とは「高きび」でした。
以前は「豆腐ハンバーグ」のレシピで紹介しましたね。

 

脂肪分が多いひき肉も高きびなら、カラダに優しい!
食中毒が気になる夏、ひき肉は傷みやすくて注意が必要ですが、これなら安心です。