残念ながら人間はいつか死を迎えますが日本人の死因の1位は「がん(悪性新生物)」です。がんになる確率は40歳以降から高くなりますが、がんの抑制効果がある食品の摂取を習慣つけることで予防できることがわかっていることから生活習慣病のひとつでもあります。
がん細胞は、ウィルスのように外部から侵入してくるものでなく、「傷ついた遺伝子」が
正常細胞に作用することによって発生します。タンパク質を作り出す情報を持っている
のが遺伝子です。遺伝子というと「DNA」を思い浮かべますが、実は「RNA」が大きく
関与していることがわかってきました。免疫力を高めるために日常的に摂取することが有効と考えます。また、遺伝子は体内で、活性酸素の作用により傷ついた遺伝子は
発生しやすくなります。活性酸素とは呼吸で取り込んだ酸素が燃焼するときにできる
物質で、紫外線やストレス、タバコなどによっても発生します。がん細胞発生の元凶と
なる活性酸素を除去する働きがある「抗酸化栄養素」を摂ることで防ぐことができます。

 

傷ついた遺伝子の発生を防ぎ、増殖させないためにも「抗酸化力」をつけるライフワークの実現が大切です。

 

【RNAを多く含む食品】
鶏・豚・牛のレバー、イワシ、アンチョビ、ちりめんじゃこ、かつお節、鮭の白子、
インゲンマメ


【抗酸化力をつけるための栄養素】
ひとつの栄養素・食品にこだわらず、季節にあわせ多種多様に摂取することが継続の
ポイントです。

<マンガン・銅・亜鉛>
活性酸素を除去する抗酸化酵素であるSODの原料となるミネラルです。
マンガンは茶葉・種実類、銅はレバー・魚介類、亜鉛は肉類・大豆製品に多く含まれ
ます。

<鉄>
活性酸素を除去するたんぱく質であるカタラーゼの原料となるミネラルです。
動物の内臓に多く、レバー、内臓ごと食べられる貝類・小魚に多く含まれます。

<セレン>
酸化ストレスから身体守る酵素であるグルタチオンペルオキシターゼの原料となる
ミネラルです。いわし、サクラエビ、ちりめんじゃこ、ホタテ貝など海産物に多く
含まれます。

<βカロテン>
植物だけでなく動物性食品にも含まれる色素成分です。活性酸素の発生に関与する紫外線の害から皮膚や目細胞を守る作用があります。パプリカ、ほうれん草など黄・赤・緑色の植物、アスタキサンチンによる赤い色素を持つエビ、カニ、サーモンに多く含まれます。

<ビタミンC>
有害な活性酸素から細胞を守る抗酸化ビタミンです。発がん物質であるニトロソアミンの形成を抑制する働きもあります。野菜、果物、海藻類に多く含まれます。

<ビタミンE>
過酸化脂質を分解し、細胞膜を活性酸素から守る抗酸化ビタミンです。がん細胞の成長を抑制する働きもあります。キングサーモン・ウナギなど脂の多い魚、種実類、かぼちゃ、アボカドに多く含まれます。

<ユビキノン(コエンザイムQ)>
強い抗酸化力を持ち、細胞膜の酸化を防ぐ作用があります。
レバー、牛肉、豚肉、いわし、さば、あじ、アボカド、くるみに多く含まれます。

<イオウ化合物>
デザイナーフードピラミッド」の上部に位置し、特に抗がん力が高い栄養素です。
にんにく、キャベツ、しょうが、だいこん、たまねぎ、セロリ、ブロッコリー、わさびなどに
多く含まれます。

*デザイナーフードピラミッドとは・・・。
1990年にアメリカ国立がん研究所が発表した、がん予防に効果的な植物性の食品を図にしたものを「デザイナーフードピラミッド」と呼んでいます。

<β‐グルカン>
免疫システムで重要な働きをする白血球に働きかけ、活性化させて免疫力を向上させる作用があり、がん細胞の発育を抑制に働きます。しいたけ、しめじ、まいたけ、なめこ、エリンギなどキノコ類に多く含まれます。

<フコイダン>
フコイダンはがん細胞に触れるとそのDNAに働きかけ、自滅に追い込むという特殊な
作用があり、代替医療でも利用されています。こんぶ、わかめ、のり、もずく、てんぐさ(寒天)など海藻類に多く含まれます。

ひじきは、皮膚および肺に対して発がん性を有することを国際がん研究機関(IARC)では結論づけている砒素を含むため控えたい食品です。

ちりめんじゃこ 
ちりめんじゃこは頭から内臓まで魚全体が食べられるので栄養が豊富です。

乾物の利用で手軽な一品ですがRNA、抗酸化栄養素が豊かです。
これからの時期、大葉みょうがなど季節の野菜の利用、ドレッシングで変化を
つけることで日常的に食べても飽きません。オリーブオイルにも抗酸化成分が
含まれています。

 

【じゃこサラダ】

じゃこサラダ

【材料:1人分 】
(85Kcal) 

 

ちりめんじゃこ:大盛の大さじ1
かつお節:1~1.5g
レタス:2枚
だいこん:50g

ごま:小さじ1
ポン酢:適量

【作り方】

1. レタスは一口大にちぎります。

2.  だいこんはせん切りにします。

3.  器にレタス、だいこん、ちりめんじゃこ、かつお節、ごまの順に盛ります。

4.  最後にポン酢をかけます。