春の訪れを一足早く告げる野菜「菜花(ナバナ)」
スーパーや八百屋で目にすることが多くなりましたね。

「菜の花だから旬は春」と言うイメージがありますが、菜花の最盛期は2~3月。
まだ寒風が吹きつける中での収穫となります。

今年の1月も厳しい寒さとなりましたので、菜花を見かける度に、生産者さんの頑張りに思いを馳せてしまいます。そんな菜花には、健康と美容に嬉しい栄養成分がたっぷり含まれています。

【菜花で健康に!美しく!】

菜花は栄養価の高い野菜の一つです。その秘訣は「つぼみ」にあります。つぼみには、これから成長するためのもとが備わっています。私たちはこの「つぼみ」を食しているのです。つまり、これから花を咲かせるためのパワーの源をいただいているということなのです!

特筆すべき栄養素はビタミンC。含有量の多さは、野菜の中でもトップクラスです。ビタミンAやビタミンB1・B2も豊富に含まれているので、抵抗力を高め、風邪やインフルエンザなどの感染症予防に効果的です。

また、ビタミンEを豊富に含む食材と一緒に摂ると、美肌効果が高まります。

ビタミンEを多く含む食材は、モロヘイヤ、赤ピーマン、カボチャ、アボカド等。ナッツ類にも多く含まれますので、粗く砕いたナッツと和えるのも良いですね。

その他、菜花には、日本人に不足しがちなカルシウムや鉄分も多く含まれています。

 082

 

【春に鑑賞する黄色い菜の花と、野菜の菜花は同じ!?】

私たちが食している菜花。これは、切り花として鑑賞される菜の花を品種改良したものです。菜花のつぼみと花茎、若葉を食用としています。広義には、黄色に花が咲くアブラナ科のつぼみを食用とする総称で、小松菜、水菜、白菜、青梗菜などのつぼみも含まれます。

 

 【新鮮な菜花の見分け方】

○茎の切り口がみずみずしいもの

○つぼみが小さく締まっていて、大きさが揃っているもの

○葉の色が濃いもの

 

 【保存方法】

1~2日の保存であれば、ビニール袋に入れるか新聞紙に包んで、冷蔵庫の野菜室に立てて入れましょう。菜花が出回る時期は短いので、長く保存したい時は、茹でたものを塩漬けにするのもお勧めです。

 

 【劣化の合図】

鮮度が落ちると、茎の切り口は白くなり空洞が大きくなります。

何故なら、菜花の水分が花に取られてしまうからです。菜花の花を見かけたら、それは鮮度劣化の合図。花が咲いてしまう前に購入後はすぐに固めに茹でましょう。

ただし、「オータムポエム」という品種は花が咲いていますが、美味しくいただけます。

 

【美味しく食すには】

◎菜花はえぐみが強いので、下茹でしてから調理に用いると美味しくいただけます。

①     沸騰した湯に塩を一つまみ入れサッと茹でます。茹でる際には余熱を考慮し、色が鮮やかになったらすぐに取り出しましょう。

②     たっぷりの水に取り、流水の下で急激に冷まして色止めをすると、鮮やかな緑色と風味が保たれます。
水にさらしすぎると風味が無くなってしまうので、気を付けて下さいね。

◎調理は、季節の香りを楽しみながらいただきたいので、シンプルに仕上げるのがお勧め。

辛子和えなどの和え物や、ペペロンチーノのようにシンプルに炒めたり、油あげなどと
一緒に薄味でサッと煮たり、天ぷらなどもお勧めです。

◎茹でで冷凍することも可能です。その際には再加熱することを考えて、固めに茹でて
ラップに包んで冷凍しましょう。そのまま汁物に入れたり、うどんにトッピングしたり、便利に旬を楽しめます。

 

菜花にビタミンEが豊富な赤パプリカを加えて、美肌に導くレシピをご紹介します。

 

【菜花の美彩酢のもの】

<材料>2人前

・菜花:60g ・パプリカ(赤):30g ・カニかまぼこ:25g

・すし酢:大さじ2 ・干し桜エビ:大さじ1 ・アボカドオイル:小さじ1

<作り方>

①     菜花は縦1/2にカットし、サッと茹でて冷水に取り水気を絞る。

②     パプリカは縦に5~8mm幅に切り、カニかまぼこはほぐす。

③     干しエビを加えたすし酢に、①と②を加えて和える。

④     器に盛りつけたら、上からアボカドオイルを振りかける。

097

 

*アボカドオイルもビタミンEが豊富なので、菜花との相性抜群です。アボカドオイルの代わりに、エキストラバージンオリーブオイルでも美味しいですよ。

 

 1年で美味しい時期が短い菜花。寒空の下、収穫して下さる生産者さんのパワーと、菜花のパワーをいただいて、体の中から健康に、キレイになりましょう。