大寒も過ぎ、何となく春に近付いている気がしますね。

私ごとですが、1月3日に東京ドームで行われたアメリカンフットボールの
日本一決定戦ライスボウルがあり、私の主人がコーチを務めさせていた
だいているオービックシーガルズが見事日本一になることが出来ました。
とっても素晴らしい1年の始まりになりました。

このように、家族が何らかのスポーツに関わっていると、観戦する機会も増え、
その勝敗によって、一喜一憂することは、素敵なことだと思います。
特に子どもがスポーツをしていると、そういうことも多いですよね。

 

さて、今回はそんなジュニア期の子どもたちに大切な食事についてお話しします。

 

ジュニア期に必要なことは、ジュニア期に見合ったトレーニング、食事、そして
適切な休養です。

体を動かし負荷をかけることは発育、発達のために重要なことです。
また、使ったエネルギーを補うだけでなく、発育・発達するための食事にも目を
向けなければなりませんね。そして、『寝る子は育つ』と言いますが、やはり、
使った体を休めるためにも休養が必要です。

ではジュニア期の食事において大切なことは何だと思いますか?

 

① 強い体は食事で作られる

強い体、勝てる体を作るには、トレーニングや練習は不可欠です。しかし、
それだけでは決して強い体は作られず、しっかりと食事をすることが、強い
体を作るということを、しっかりと伝えることが大切です。

 

② 食に興味を持つ

食習慣は一旦完成すると、なかなか変えることが難しくなります。だからこそ、
小さいうちから、食に興味を持つことがポイントとなるのです。最初は食事を
作っている時のキッチンからの匂いにワクワクし、毎日の食事の時間が
楽しみになり、食そのものに興味が出てくるのです。
そして、成長していく過程で正しい栄養の知識を得、実践することを身に
つけるようになっていくことが重要です。

 

③ 好き嫌いをなくす

誰にだって、好きなものと嫌いなものがあります。しかし、そんなことを言って
いては、勝てる強い体にならないのです。確かに嫌いなものを無理やり食べる
ことは、食意識のモチベーションを下げてしまうこともありますが、アスリートに
とって食事はトレーニングのひとつだと考えることも必要です。

 

④ 保護者の食意識

ジュニア期の食事をある程度コントロール出来るのは、毎日食事を作る保護者
です。保護者が適切な食事を提供することは、ジュニア期には大切です。しかし、
家庭環境などによっては、毎日、食事を作ることが大変なことだってあります。
それぞれの立場で、最良の状況を作り出してほしいと思います。

 

⑤ 食事はご褒美

辛いトレーニングや練習はアスリートを強くします。しかし、毎日辛いことばかりだと、
精神的にもきつくなりますよね。ジュニア期だと尚のことです。しかし、その辛い
ことの中に、楽しみがあれば、次にまた頑張れるのです。そのひとつは食事です。
ジュニア期には特に摂取してほしい栄養素はありますが、食べてくれなくては
意味がありません。②に好き嫌いをなくすと言いましたが、そうではなく、頑張った
ご褒美に好きなものを食べるということが大切なのです。それが、次につながるのです。

さて、今回もこれらの栄養素のポイントを心得えたお料理をご紹介します。

 

【ひじきとタラコの炊きこみごはん】

IMG_1650

                                                       ★写真提供
                                                        株式会社枻出版社
                                                         「強い体を作る!子どものためのスポーツめし」より

 

 

【材料 2人分】

米 1合
酒 小さじ2
みりん 小さじ2
しょうゆ 小さじ2
だし 適量
乾燥ひじき 4g
タラコ 1.5腹
しょうが 少々

(飾り用)

しそ 2枚
タラコ 0.5腹

 

【作り方】

① 米を研ぎ、30分浸水しておく。

② 炊飯器に、米を入れ、乾燥ひじき、たらこ、酒、みりん、しょうゆ、
  みじん切りにしたしょうが、ダシを加えて炊く。
  (水の分量は炊飯器の通り)

③ 炊きあがったら、お茶碗に盛り、千切りにしたしそとタラコを飾って
  出来上がり。

 

ヒジキはカルシウム、鉄、食物繊維の含有量がダントツの食材。そして、
タラコはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれて
います。糖質、脂質、たんぱく質の代謝を促進するビタミンB群が豊富に
含まれているので、疲労回復に効果的です。また、貧血予防に必要な
ビタミンC、葉酸、ビタミンB₁₂も豊富です。

炊飯器に材料を入れるだけの簡単炊き込みご飯です。おにぎりにも
ぴったりなので、作って持っていけば、練習の前後に食べられます。
ぜひ、作ってみてください。

次回はジュニアアスリートの栄養をより詳しくお話したいと思います。

楽しみにしていてくださいね。