ビールのおつまみに欠かせない「えだまめ」。アミノ酸の一種であるメチオニンが
アルコールの分解を促進し、肝臓への負担を軽くしてくれるため、お酒のつまみに
するのにはぴったりの食品です。

「畑の肉」と呼ばれる大豆と同様、良質なたんぱく質のほかに、歯や骨を作るのに
欠かせないカルシウムやカリウムといったミネラルも豊富に含まれます。
さらに、大豆とは異なり、カロテンやビタミンCも多く含みます。また、もうひとつの
注目は、水溶性のビタミンB群の一種、葉酸が豊富に含まれることです。この葉酸は、造血や体の発育を助け、胎児の正常な発育に欠かせないものとしてサプリメントでの
摂取が推奨されているほど。

そんな葉酸もたっぷり含む枝豆は栄養満点食品なのです。

枝豆の種類

【茶豆】    

新潟を中心に栽培されている。香りが高く、甘みが強く、豆が少し茶色なのが特徴。

【だだちゃ豆】 

山形県鶴岡市の特産。とうもろこしに似た独特の香りと甘みがある。さやには茶色の          毛がある。

【丹波黒大豆】 

丹波特産。大粒で甘みがある。

えだまめはおつまみだけじゃもったいない!そこで今回は、えだまめを使ったおやつを
ご紹介します。

【ずんだもち】

【食材】 2人分

枝豆(正味)  50g
砂糖      大さじ2
食塩      ひとつまみ
白玉粉     40g
水       大さじ2

【作り方】

1. 枝豆はやわらかく茹でさやから出し、水につけて薄皮をむく。
  (冷凍の場合は自然解凍し薄皮をむく。)

2. 包丁でたたいて粗く刻み、すり鉢に入れてすりつぶし、砂糖を
  加えて水でのばしながらよく混ぜ、最後に塩を加える。

3. 白玉粉に水を入れ耳たぶくらいの柔らかさになるまでよくこねる。

4. 一口大にまるめ、沸騰した湯に入れ浮いてきたら冷水に取る。

5. 白玉団子に2をからませる。