健康志向の高まりで、愛飲者が増えている「豆乳」。フルーツ味やコーヒー味がついた

豆乳飲料も増えています。また、最近はスィーツや化粧水、せっけんに使われていることも。

今回は、そんな幅広く利用されている「豆乳」についてのおはなしです。

豆乳は製造過程で、おからを除いた後の乳濁液のことをいい、豆腐の原料となります。

豆乳の種類は日本農林規格(JAS規格)によって「豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」の3つに

分けられます。

豆乳・・・・・・・大豆固形分8%以上(大豆たんぱく質換算3.8%以上)

調整豆乳・・・大豆固形成分6%以上(大豆たんぱく質換算3.0%以上)

豆乳飲料・・・A  果汁入り;大豆固形分2%以上(大豆たんぱく質換算0.9%以上)

        B  その他; 大豆固形分4%以上(大豆たんぱく質換算1.8%以上)

豆乳には、さまざまな栄養素が含まれますが、今回は、3つの栄養素をPick Up!

★大豆たんぱく質

   豆乳の素である大豆の約40%は植物性たんぱく質。豆乳のたんぱく質は

   含まれる量が多いうえに、動物性たんぱく質に近い構成で栄養価が高く良質で

   あるという特徴があります。

★イソフラボン 

   大豆胚芽に含まれるポリフェノールの1種。女性ホルモン(エストロゲン)と似た

   働きをする点で植物エストロゲンとも呼ばれます。

★レシチン  

   大豆に含まれている物質で、不飽和脂肪酸が構成要素。血管に付着したコレステ

   ロールを溶かし血流の流れをよくする、あるいは固まるのを防ぎ付着しないようにする

   働きがあります。

       

クラムチャウダーは通常牛乳を使いますが、今回は魅力的な栄養素がたっぷりの豆乳を使いました。

豆乳クラムチャウダー

【食材】 2人分

バター 10g

ベーコン 1枚

玉ねぎ 1/2個

じゃがいも 1個

人参 1/2本

(※ベーコン、玉ねぎ、じゃがいも、人参は1cm角に切る)

コンソメ    小さじ1

水       1/2カップ

豆乳      1カップ

あさり 10個

塩 ひとつかみ/こしょう 少々

パセリ(イタリアンパセリ)飾り用

【作り方】

1. 鍋にバターを入れて玉ねぎを炒める。火が通ったらベーコンを入れてさらに炒める。玉ねぎが透通ってきたら、あさり、他の野菜類を入れてざっくり炒める。

2. 水とコンソメを入れ10~15分煮る。

3. 豆乳を入れてひと煮立ちしたら、塩・こしょうで味を調える。

4. パセリを飾る。