今年の夏の暑さは記録更新続きでしたね。
残暑も厳しく、エアコン、冷たい飲料などの利用で身体が「冷え」過ぎていませんか。

季節は秋を迎え、これからの寒さに備えた「体内温度」はいかがでしょうか?
健康維持、アンチエイジングのためには36.5度前後が理想です。

昔から「風邪は万病の元」と言いますね。風邪は英語では「cold(冷え)」と言います。表現の違いはあれど「風邪=冷え」ということですね。身体を冷やすことばかりしていて体内温度が低いと、「冷え」が続いている状態です。 「冷えは万病の元」と言えます。

低体温による悪循環
     ⇓
血行不良・・・血管が収縮し血行が悪くなる。
○体内酵素活性の低下・・・36.5℃くらいの体温が酵素を最も活性化
     
* 基礎代謝の低下
* 新陳代謝の低下
* 免疫力の低下
* 腸内環境の乱れ
     ⇓
・ エネルギー代謝低下・疲労感・脂肪が燃焼しにくい・肩こり・腰痛
・ がん細胞が活性化・自律神経の乱れ・ストレス抵抗力低下・肌荒れ
・ イライラ・風邪など感染症・花粉症などアレルギー症状・便秘・下痢 など

【 体温を下げる生活習慣】

1.冷たい食べ物や甘い食べ物の食べ過ぎ
糖分にも体を冷やす作用があので、食べ過ぎないようにする。

2.季節はずれの野菜や果物の摂取
夏の野菜や果物を食べると身体を冷やしてしまいます。寒い季節は摂り過ぎないように。

3.ダイエット・食生活の乱れ
食べない系ダイエットをすることで、体内で糖質をエネルギーに変える時に必要な、亜鉛・マグネシウム・鉄・セレンなどのミネラル、ビタミンB1・B2などビタミンが不足して、体温が上がらなくなます。加工精製食品の摂り過ぎもミネラル・ビタミンは不足します。

4.冷暖房などが整っている住環境
体の体温を調節する機能が低下しやすい。

5.運動不足
血液を送る筋力を刺激しない状態が続き筋力が低下し、基礎代謝量低下の原因になります。

6.過度のストレスによる血行不良
過度のストレスがかかることで、身体が緊張して血行不良が起こることがあります。肩に起きれば肩こり、頭に起きれば頭痛、目に起きれば眼精疲労など。

【“冷え“予防の最強食品】

陳皮(みかんの皮)、なつめ、桂皮(シナモン)、菊花、甘草、生姜、紅花など含むハーブにら、ニンニク、ねぎ類やごぼう・にんじん・れんこんなど根野菜、やまいもは身体を温めます。

写真1

写真1 紅茶にも、温める作用があります。好みで、しょうがなど添えて。

 

レンコンは、ほぼ通年出荷されていますが、旬は収穫が始まる9月~10月の秋から冬です。

ビタミンCが豊富で100gで1日に必要量をまかなえます。ビタミンCは疲労回復に効果があり、細胞どうしをつなげるコラーゲンを生成して、血管や粘膜を丈夫にし、肌にはりを与えたり、ウィルスの核酸を破壊して風邪をひきにくくする作用があります。

【 れんこんのチヂミ 】

写真2

 210kcal

材料(1人分)

れんこん:200g
片栗粉:小さじ1強
豚肉(薄切り):30g
白菜キムチ:30g
ゴマ油:小さじ2
万能ねぎ:1本
唐辛子(飾り用):少々

たれ[しょうゆ・みりん・酢・すりごま各小さじ1、すりにんにく小さじ1/2]

作り方

①れんこんは皮をむき、飾り用の3枚を薄切りにします。残りはザルを置いたボウルの上ですりおろします。水気をきり、片栗粉を加えます。

②豚肉とキムチは1cm角に切ります。①を合わせてよく混ぜます。

③フライパンを熱してゴマ油を入れ、飾り用のレンコンを入れて焼きます。その上に3等分にした②を平らにしてのせます。

④片面が焼けたら返して万能ネギと唐辛子をのせます。両面にこんがりと焼き色が付いたらさらにもう一度返して表面をさっと焼きます。

⑤お皿に盛り付け、たれをかけます。お好みでたれに粉唐辛子を加えてもいいですね。