いよいよ9月。そろそろ夏の疲れが出る頃になりました。
みなさん、夏太りしましたか?それとも夏ヤセしましたか?

私はこの夏、体重が3kgほど落ちまして・・・(あ、自慢ではございません)特にダイエットしていたわけではないのですが、暑さに負けずにスポーツで汗をかいたら、短期間の減量なので、脂肪が燃えたというよりも、体にたまっていた余分な水分が出て行ってくれたようです。つまり、水太りしていたって訳ですね(笑)

また、必要以上に水分を摂らなかったことも原因しているのかもしれません。夏場はもちろん水分補給は大切ですが、あまりにも水分を摂り過ぎると、クーラーなどの冷房で体が冷やされて代謝が悪くなるのもプラスされて、水毒と言う『むくみ』を引き起こす原因にもなるので、注意が必要です。

さて、このむくみや夏のだるさを取ってくれる、ステキなハーブティーにこの夏出会いました。その名は・・スカボロフェア・ティーというブレンドティーです。レモングラスがベースで、他にはジュニパーベリー、カモマイル、ペパーミント、セージ、ローズマリー、パセリ、タイムが含まれています。すっきりした飲み口で、体の中をキレイにしてくれます。
夏バテ気味の方にもおすすめです。
茶葉:ティースプーン1杯、抽出:3分。

無題1

【レモングラス】

◆学名:Cymbopogon citratus ◆科名:イネ科 
◆ティーに使う部分:地上部
◆主要成分:精油 
◆効能:殺菌作用、健胃、消化促進作用
◆禁忌:妊娠中の人

また夏の間には、水分や不要な老廃物が溜まっている方も多いと思いますが、紫外線を浴びてシミ(メラニン色素)がたくさん増えた方もいらっしゃることと思います。

どんなにサンスクリーンでケアしても、非情にも紫外線は肌の奥深くに入って来ます。
秋に向けて、美白&美肌を取り戻すために、ぜひ摂っていただきたいハーブが、ローズヒップです。でもこれは、非常に甘酸っぱくて飲みにくいという方も多いのですが、最近ハーブ通の間でも人気が出てきているハーブコーディアルだと非常に飲みやすくなっています。肌の回復のためには、ローズヒップのハーブコーディアルがおススメです。

【ハーブコーディアルとは?】

『一口飲んだら違いが分かる』と言われているハーブコーディアルは、英国生まれのハーブドリンク。もともとはハーブをアルコールにつけた飲み物でしたが、現在では、ハーブの花や実を砂糖で煮詰めて作る、ハーブ砂糖水のことを呼んでいます。ドリンクとしてだけではなく、ドレッシングやソースとして料理の隠し味などにもアレンジできます。そのまま飲む場合は、7〜8倍希釈して飲むと美味しいです。私はよく、ヨーグルトに原液をかけていただいています。

美肌回復におすすめの1本は、このローズヒップコーディアル。
ちなみに20mlあたり、60.4kcal、タンパク質0.02g、脂質0g、炭水化物15.1g、ナトリウム0.64mg

コーディアル

【ローズヒップ】

◆学名:Rosa canina 
◆科名:バラ科 
◆ティーに使う部分:果実
◆主要成分:ビタミンC、ペクチン、果実酸、カロチノイド(リコピン・βカロチン)、フ 
        ラボノイド。
◆効能:シミ予防、コラーゲン生成、風邪や貧血の予防、目の疲れの緩和、利尿作用、便秘緩和、ビタミンC(レモンの10〜20倍)補給など。最近では、種に内蔵脂肪を減らすポリフェノール成分(ティリロサイド)が含まれているということもわかり、ダイエットにも用いられてきています。