アーモンドは1世紀のギリシャの植物図鑑に、薬効の記述が見られるほどの歴史を持った食物です。

アーモンドはバラ科サクラ属に分類され、高さ5~6mぐらいになる落葉高木で、桃、杏、梅などと近縁の植物です。果肉が薄く、種の中にひとつずつ入っている「仁」の部分を食べるのが特徴です。

大昔は「食事」として摂っていた木の実は、栄養素がぎゅっとつまっていて現代では、天然のサプリメントとも呼ばれます。オリーブ油に多く含まれるオレイン酸やポリフェノールなどの抗酸化物質、食物繊維などが多く含まれるアーモンドは、そのまま食べるだけでなく料理にも取り入れたい食品です。

固くて噛みごたえがあり、少量でも満足感が得られるのでお菓子の代わりに間食に取り入れてもいいですね。食塩や油が使われていないものを選びましょう。

今回は、2つの食感が楽しめるレシピのご紹介です。

アーモンドときのこの和え物

IMG_1884

【食材】 2人分

アーモンド(粗く刻む) 20g
エリンギ 4個
マッシュルーム 80g
白シメジ(好きなきのこでOK)1/2P
酒 大さじ1
マヨネーズ 大さじ1
塩 1.0g
こしょう 適量

【作り方】

① エリンギは食べやすい大きさに、マッシュルームは半分に、
カットする。白シメジはいしづきを取りほぐす。
酒を全体によくまぶす。
②熱したフライパンにマヨネーズを入れ、1を入れてこんがり焼く。
③ 塩、こしょうで味を調え、火からおろす。
④アーモンドを加えて混ぜる。