ビールが美味しい時期になりました!!

気のおけない仲間とのビアガーデンの一杯はたまらないですね。
アルコールは昔から私たちの生活に密着しています。

IMG_5072

江戸時代に発行され、健康書のベストセラーとなった貝原益軒著『養生訓』には、酒の功罪について次のように書かれています。

「少しのめば陽気を助け、血気をやはらげ、食気をめぐらし、愁いを去り、興を発してはなはだ人に益あり。多くのめば、又よくひとを害する事、酒に過ぎたる物なし。(中略)酒を多く飲む人の、長命なるはまれなり。酒は半酔にのめば、長生の薬となる。」

酒のアンチエイジング効果は古くから知られていますが、その科学的証拠が最近になってようやく報告されてきました。

  

「半酔いに飲む」量とは

血中アルコール濃度が0.02~0.04%の爽快期に相当すると考えられ、
アルコール摂取としては20g程度。
死亡率からみた「最適」の定義からも男性20g、女性10gが目安。

一般的に体重1kgにつき、1時間に0.1gのアルコールを肝臓で分解処理します。

体重50㎏の人が20gの純アルコールを体に害のない状態に分解処理するには、おおよそ3~4時間程度かかります。

翌日にアルコールを持ち越さないためにも「適量」を楽しみましょう。

  

◆20g相当のアルコール量

ビール・発泡酒・缶チュウハイ500ml

日本酒180ml

ウイスキー60ml

焼酎・泡盛100ml

  

◆飲酒とメタボリックシンドローム

長期にわたる過度の飲酒は、

・脂肪酸合成の増加

・糖新生の障害と低血糖

・尿酸排泄の低下乳酸代謝など

代謝系に著しい影響を及ぼすことからメタボリックシンドロームの促進因子として関与しています。

従来アルコール性肝障害の病態惹起において食事をほとんど摂らず飲酒する例が多く低栄養の関与が重視されていましたが、
近年は過栄養状態から肥満を伴うアルコール性肝障害患者が増加しています。

  

◆飲酒とうつ

ゆううつな気分や、不眠を和らげる為に軽い気持ちでお酒を飲み始め、いつしか少量のアルコールでは心地よくなれず、量が増え、知らず知らずのうちにアルコール依存症になってしまう場合があります。

アルコール依存症と「うつ」は関わりが深いものです。

うつ病とアルコール依存症を併発した場合、自殺の可能性が高くなるといった研究もあり、注意が必要です。

 

◆どのような種類のアルコールが健康によいか?

赤ワインにはポリフェノールが含まれているから、焼酎は蒸留されてすっきり飲めるので健康によいなどと噂話が伝わっています。

しかし、アルコールによる動脈硬化抑制作用は基本的にはエタノールそのものの効果が主であり、酒の種類は関係ないことが明らかにされています。

  

「百薬の長」にするために

・胃に負担をかけない

空腹時に飲んだアルコールの20%が胃から吸収されます。
少し食べてからお酒を飲むと胃を保護するとともに、胃でのアルコール吸収速度が弱まります。

・肝臓に負担をかけない

アルコールは体内ではアセトアルデヒドという有害物質に変わりますが、これを無害の酢酸にする代謝を肝臓が担っています。
二日酔いはアセトアルデヒドがうまく分解されなかった結果起こります。

・アセトアルデヒドの毒性軽減する

アセトアルデヒドはフリーラジカル合成の増加と脂質過酸化を誘発するため抗酸化作用のある赤や黄色の野菜を摂りましょう。

・楽しく

腹を立てたりイライラしながら飲むと精神的ストレスが胃に影響し、飲み過ぎ、悪酔いの原因にもなります。

お酒を飲む時は楽しい気分で飲みましょう!

◆カロリーが抑えられるおすすめのおつまみ

寄せ鍋、焼き魚、お刺身、枝豆、野菜の煮物・お浸し、海藻の酢の物など。

特にあさり、いか、たこ、ほたて貝タウリンが豊富なため、肝臓でのアルコール分解を助けます。

◆摂り過ぎ注意のおつまみ

肝臓でアルコールを分解するとき、脂肪の合成を進める酵素が発生し、肝臓内で脂肪の合成がすすんでしまいます。

から揚げ、ポテトフライ、天ぷらなど揚げ物、焼き鳥の手羽、ピザ、ウインナーなど

脂肪分の多いものは控えめにしましょう。

 

今回は肝機能を高めるタウリン含有量がダントツの『たこ』と、

独特の風味がありますが、肝臓の機能を高めてくれる『香菜』
(国によりパクチー、コリアンダー、中国パセリなど別名があります。)を使って

これからの蒸し暑い夏にピッタリのおつまみをご紹介します!!!

【たこのレバノンソース和え】  

画像004

【110kcal】

<材料(1人分)>

たこ(生食用):70g

香菜(みじん切り):3本程度(好みで)

トマト:1/2個

レバノンソース

[エクストラバージンオリーブオイル:大さじ1/2、みじん切りにんにく:小さじ1/2

しょうゆ:小さじ1、白ゴマ:小さじ1、レモン汁:小さじ1、砂糖:ひとつまみ]

 

<作り方>

1.たこは一口大のぶつ切りにする。トマトもたこと同じ大きさにきる。

2.①をボウルに入れ、レバノンソース、香菜で和え、塩、白こしょうで味を整える。